親子

赤ちゃんの湿疹への対処法

赤ん坊

赤ちゃんに現れる湿疹

赤ちゃんは大人よりも肌のバリア機能が弱く、湿疹が起きてしまうことがあります。乳児に起こる湿疹の総称を、乳児湿疹と言います。皮脂や汗の分泌が盛んであり、皮膚の角質層が薄いため湿疹を起こしやすくなっています。また、乾燥が原因で炎症を起こすこともあり、非常にデリケートです。赤ちゃんの肌に赤くポツポツができてしまったとき、焦らず行動できるよう原因と対処法を知っておきましょう。乳児湿疹には、乳児脂漏性湿疹、乳児ニキビ、あせも、アトピー性皮膚炎などが含まれます。乳児脂漏性湿疹や乳児ニキビ、あせもは自宅でのケアで自然と治るものです。しかし、悪化したり長期化する場合はアトピー性皮膚炎の可能性もありますので、注意が必要になります。

症状に合わせた対処法を

乳児脂漏性湿疹や乳児ニキビは、皮脂の分泌が過剰なことが原因で起こる湿疹です。過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まり、湿疹やニキビとなります。乳児湿疹の中で最も多く見られる症状です。乳児脂漏性湿疹は、首から上の顔や頭にできます。おでこのあたりが黄色いかさぶたで覆われたり、フケのようなカサカサしたものができたりします。たいていは肌のバリア機能が整うため、1年程度で治るものです。自宅でのケア方法は、よく泡立てたベビーソープで優しく洗い、皮脂汚れを落として清潔にします。かさぶたのようなものは、ベビーオイルなどで柔らかくしておくと取れやすくなります。乳児ニキビは、思春期のニキビと同じようにおでこやほほにできます。こちらも同じように清潔に保つこと、そして保湿が大切です。逆に、乾燥が原因で乳児湿疹ができることもあります。この場合は洗い過ぎが原因で悪化する懸念がありますので、注意が必要です。