ベイビー

赤ちゃんの湿疹

ベビー

清潔を保とう

赤ちゃんはデリケートですので、様々なトラブルに見舞われてしまいます。特に多いのが乳児湿疹です。顔に出来るだけではなく、全身に広がってしまう事もあるでしょう。基本的にはスキンケア商品で保湿することで予防や対策することが出来ますが、悪化しそうなときには早めに病院へ行き薬をもらうことをオススメします。市販でも赤ちゃん用の薬が販売されていますが、症状によって合う薬と合わない薬がありますので、医者の判断に委ねたほうが安心です。乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんに見られる症状です。自然に治る場合がほとんどですが、乳児湿疹が酷くなると赤ちゃんが無意識にかきむしってしまい、治癒に時間が掛かってしまいます。丁寧に普段からケアしてあげることが一番大事な事になります。

肌のブツブツ

乳児湿疹といっても軽度なパターンと重症のパターンがあります。大人にきびのように湿疹が出来ることがほとんどですが、ジュクジュクして膿が出てしまうこともあります。湿疹がたくさんできると跡に残ってしまうのでは、と不安に思ってしまうこともありますが、赤ちゃんは再生能力がありますので心配しなくても大丈夫です。赤ちゃんの肌のトラブルを改善させるためには、清潔を保つことが一番です。特に乳幼児はよだれの量が多いですし、よだれが肌について細菌が繁殖して湿疹が生じてしまうケースが多いので気を付けましょう。ほとんどの場合は一過性なので清潔を心がけていれば自然と治癒します。稀にアレルギーが原因の事もありますので注意しましょう。また普段から清潔に保つことも大切ですが、いまは赤ちゃん用のクリームやスキンケアローションなどもあるので、お風呂あがりに塗ってあげることも行なっていきましょう。そうすることで、刺激に弱い肌を守ることが出来るようになります。通販での購入も可能なので、悪化して医療機関に頼らないためにも、また赤ちゃんに辛い思いをさせないためにも、保湿で予防や対策を行なっていくようにしましょう。

赤ちゃんの湿疹への対処法

赤ん坊

乳児湿疹は、皮脂の分泌が過剰なために毛穴が詰まることで、乳児脂漏性湿疹や乳児ニキビになることが多いです。この場合、皮脂汚れを落として清潔に保つことがで自然と治ります。しかし悪化したり長期化するようであれば、別の原因かもしれません。少しでも不安がある場合は皮膚科を受診し、正しい対処法を学びましょう。

» 読んでみよう

布オムツを洗う

乳児

最近は赤ちゃん用の布オムツに拘る人がいます。若い母親で、自身が布ナプキンを使っている人に多いといいます。赤ちゃん用の布オムツも布ナプキンと同じ素材でできていて、肌触りが優しいのです。洗濯は大変ですが、浸けおき洗剤を利用して賢く手間を省いているのです。

» 読んでみよう

これから風邪の季節

赤ちゃん

冬に向けて、赤ちゃんがいる赤ちゃん環境では、乾燥に気を付けなくてはなりません。赤ちゃんのいる部屋で、衛生的に湿度を上げるには、温熱式の加湿器が適しています。そして、大事なことは、部屋の温度と湿度の関係です。加湿が大事と言っても、温度の高い所で湿度を高くすると、カビの原因にもなりますので要注意です。

» 読んでみよう